銕炮津・雷神車
 天保13(1842)年、名古屋広井村中之切にて

三之丸天王祭の見舞車「張良車」として建造。

明治11(1878)年に鉄砲津が金150円で購入し、

「龍神車」となる。明治26(1893)年に「雷神車」に

改名される。尚、先代の山車は明治9(1876)年に
 
本地村に売却された。平成5年から山車曳きが復活
奉 納 西之口・神明社
からくり 采振り        1体
面かぶり(龍神)  1体
張良        1体
大将(天照大神)  1体
水引幕 蝙蝠